二重まぶたの整形手術は「切らない埋没法」か「切開方法」が良い

埋没法による二重手術

一重の人に多い悩みの一つに、「まつげが短く見える」ということがあります。まぶたの肉に邪魔され、まつげが下がり短く見えてしまうのです。
女性の場合、お化粧の際まつげを上げてマスカラを何度の重ねてもまつげが下がってしまうという悩みを経験した一重まぶたの人は少なくありません。
男性でも、まつげが下がってしまうことは非常に厄介なことです。中には逆睫毛になり、眼球を傷つけてしまう恐れがあるからです。
そのような煩わしい点を解消するためにも二重整形を受ける人はいます。

また、片目だけ一重で片目だけ二重というように、アンバランスな目元に悩んでいる人も手術を受ける人の中に多くいます。
生まれつき二重まぶたでも、ぱっちりと開いてないという悩みや、目つきが険しく怒っているように見えるなどの悩みを持つ人もいます。
そのため、一重のみならず、二重整形を受ける人はたくさんいます。

皮膚を切らない完全埋没法の整形方法ならこれらの悩みを解消することができます。
まぶたに隠れるため、糸が目立つ心配はありません。また、メスを使わない、皮膚を切らない手術方法のため、眼球を傷つける恐れがありません。
また、自分のもともとの目に沿って手術する方法なので、自然な仕上がりで整形に気づかれる恐れがありません。いかにも整形手術を受けたような目元は嫌だという方におすすめです。

切らない埋没法なら時間が経って戻る心配もありません。効果が長く持続します。切らないということは、腫れや痛みも比較的少ないということのため、初めての人や不安が多い方にもおすすめです。
さらに、事前にカウンセリングを受けることができます。その際、完成後のイメージを見ることができるため、自分の顔やパーツにあった二重まぶたにすることができます。
顔立ちや与える印象まで事前に確認することができるので、安心して手術に挑めます。
保障を受けることもでき、二重のラインが薄くなったり、効果が弱まったときに無料で再治療を受けることができます。また、二重線を変えたいという場合も手術を受けることができます。
手術内容や方法は、場合によっては変更が不可能な場合もあるので、初回でしっかりカウンセリングを受けることが大切です。

埋没法なら、まぶたを切らないのでおよそ一週間で痛みや腫れがほとんど引き、通常のアイメイクが可能です。
手術時間もおよそ15分で行えるため、時間があまり取れない方には非常に適しています。
痛みや場合にもよりますが、中には手術当日から入浴やメイクが可能です。コンタクトレンズやまつげエクステなどは、担当医としっかり相談する必要がありますが、それらもすぐに使用が可能なことが、切らない埋没法のメリットです。

なによりも切らないことが安心感に大きく繋がるので、素の自分を残して二重になることができます。
二重の手術は保護者の許可があれば未成年でも受けることができます。
切らない方法の埋没法なら親の同意を受けやすく、顔に傷を付けることが無いのでお互いに安心できます。
一重や奥二重に悩み、これからの人生を大きく左右する可能性があるのなら、切らない埋没法をおすすめします。