二重まぶたの整形手術は「切らない埋没法」か「切開方法」が良い

カウンセリングは大事

日頃アイプチなどをして二重まぶたを作っている人や癖が付いている人でも、全くその通りに二重整形ができるとは限りません。
そのため、いくつかの美容整形外科でカウンセリングを受けることをおすすめします。
何人かの医師の話を聞くことでリスクやデメリットなどマイナス点にも気づくことができます。
より安心して手術を受けるためにも自分にあった担当医、美容整形外科で二重整形を受けることが大切です。

人によっては皮膚が伸びやすい、硬い、柔らかいなど皮膚のタイプはそれぞれです。そのため、ひとりひとりにあった二重整形の方法があります。
将来、くぼみやすい遺伝子の場合、いつまでも綺麗な二重まぶたを維持できるように、あまり脂肪を取り過ぎないなどの技術も必要です。
また、花粉症の方は埋没法よりも切開方法のほうが向いているなど、目のタイプのみならず、内面的にも違いがあります。
花粉症の方は比較的目をこする回数が多いため、埋没法だと取れてしまう恐れがあります。そのため、日頃よく目をこする癖がある方は、埋没法の場合意識して注意することが大切です。
自分では改善できないと感じた際は医師と相談し、埋没法にするか切開法にするか決めると良いです。

若い頃は成長や日々のメイク、二重線の跡を付ける程度で二重まぶたになる人もいます。そのため、皮膚を切らない方法で二重手術を行い、大人になり、皮膚がたるんできたら切開で二重を維持する人もいます。
逆睫毛などに悩んでいる場合も皮膚を切らない埋没法がおすすめです。
埋没法では皮膚を切らないことから非常に安心で手軽に行えます。修正が効くため、何度も挑戦することができます。

半永久的に二重まぶたになることができる切開方法では、修正が効かないと思いがちですが、修正手術というものもあります。
一度受けた手術の後、失敗したと感じた目元を修正し好みの二重にすることができます。
その際、一度目と同じ美容整形外科で修正手術を行う人もいますが、中には違う美容整形外科で修正してもらう人もいます。
どちらもいくつかの美容整形外科でカウンセリングを受け、見定めることをおすすめします。