二重まぶたの整形手術は「切らない埋没法」か「切開方法」が良い

  • 埋没法による二重手術
  • 二重のタイプと切開

二重まぶたになりたい

東洋人のようにぱっちりとした二重まぶたに憧れている日本人は多くいます。
比較的一重まぶたが多く見られるアジア人は、二重まぶたに憧れて整形を受ける人も少なくありません。

また、二重に見えるようにメイクの技術が進歩してきました。
メザイクやアイプチなど、テープやノリ状の接着剤を使い二重に見せる方法です。しかし、それらの場合、慣れるまでメイクに時間がかかり、目を閉じたときに不自然に見えるなどの注意点もあります。
さらに日頃アイメイクをしない男性にはそれらの方法が適用できません。そのため、多くの人が二重まぶたの整形を受ける手段を取ります。

近年、韓国を始め日本でも二重整形の技術は大幅に進歩しました。
中でも日帰りで受けることができ、費用も大変安く、安全で安心な手術方法が人気です。
切らない方法やメスを一切入れない方法もあります。中には元に戻す方法もあるため、成長に伴い顔が変化する未成年者でも安心して手術に挑むことができます。

すっぴんでも自信を持ちたい人は二重まぶたになるよう整形を受けると前向きに明るくなることができます。
目を閉じたときでも自然に見え、お化粧がより映える顔になるため、日常が楽しくなります。

医師や外科選びは大切
カウンセリングは大事